聖地・スピ

英語の歌

好きな英語の歌。

【Youtube - We Are The World
視聴方法 : 画面クリックで再生。
日本語訳 : http://www.youtube.com/watch?v=vxhl-wqf19s&feature=related

| | コメント (0)

沖ノ島

今年こそ、久しぶりに沖ノ島に行きたいのですが、行けるかどうか…。
(忙しいの苦手です…)

【星のシルクロード - 後半】
視聴法 : 画面クリックで再生。

| | コメント (0)

戦国時代

の夢を見た。

上司に「大筒が出てきたから、高いお城は必要ない」とか言っていたような…。

相変わらずだ。

【FF4 Battle Theme】
視聴法 : 画面クリックで再生。

| | コメント (0)

リーマン予想

リーマン予想に関するTV番組をNHKでやっていた。
URL : http://www.nhk.or.jp/special/onair/091115.html

リーマン予想とは、衒学的に言えば、「ζ(s) の自明でない零点sは、全て実部が1/2の直線上に存在する」との予想で、書いている本人も確たる理解を持っているわけでは決してないが、NHKの記述を借りるなら、「一見無秩序でバラバラな数列にしか見えない素数が、どのような規則で現れるか」ということらしい(ちなみに、通信等のセキュリティは、この素数が無秩序に並んでいることが前提になっているとのこと)。

番組中で驚かされたのは、上記の1/2の直線上にあるゼロ点の間隔が、光のプリズムによる分光の投間隔と一致することや、ゼロ点の間隔式がウランなどの原子核のエネルギー間隔式と一致することなどである。素数とミクロの世界との一致が何を意味するのだろうか。

また、非可換幾何学という、宇宙などのマクロの世界から原子核などのミクロの世界までの法則解明への可能性が期待される学問領域からの、リーマン予想ないし素数へのアプローチも始まっているという。

この非可換幾何学的アプローチにより、仮にリーマン予想が証明された場合、無秩序だと思われていた素数の規則性が解明され、ひいては、この世界のマクロミクロに関する統一的法則が解明されるかもしれない。表現が難しいが、この数学的なある種のアセンション的なものが、生きているうちに達成されることを期待。

【A Beautiful Mind】
視聴法 : 画面クリックで再生。

| | コメント (0)

弾丸ツアー

連休はなぜか弾丸ツアー。

目的地は、熊野⇒玉置⇒竹生島。移動は、すべてバスと電車のみ。

実は、熊野本宮大社は初めて。本宮より大斎原が良かった。
普段見ている写真のイメージとは少し違った感じ。気のせい?

01_2 (写真は、大斎原-大鳥居)

玉置は2回目。玉置神社前まで実は直行バスがあるので、タクシーは今回は使わなかった。相変わらず素晴らしい場所で、宇宙的な雰囲気。瞑想に適している場所だと思う。前回近づけなかった大杉さんに触れることが出来た。大杉さんは奈良県最大の杉だ。大杉さんから色々教えてもらった。あと、末社のお稲荷さんは他とは少し違う(と思う)。

02 (写真は、玉置神社-大杉)

竹生島は4回目。いつも頭が痛くなる場所。別に嫌な頭痛ではない。ちょうと新嘗祭だったので、御開帳があった。社務所裏の琵琶湖岸も良い場所。ここもまた違った雰囲気。ちゃっかり小判も買った。

01_3 (写真は、竹生島神社-本殿)

次は、春日大社に参拝する予定。

| | コメント (0)

なんとなく

風林火山。

国会中継を見ていて悲しくなるのは私だけでしょうか。

首相の財布をつっつくより大事な論点があるでしょうに…。

【風林火山】
視聴法 : 画像クリックで再生。

| | コメント (0)

JINGU

久しぶりに参拝したい今日この頃。

【伊勢神宮 内宮】
視聴法 : 画像クリックで再生。

| | コメント (0)

長谷寺

三輪山の近く、ほぼ真東の方角に長谷寺があります。
実は、奈良に住んでいて今まで一度も行ったことがありませんでした(汗)。

31日は長谷寺大観音の特別拝観の最終日でしたので、行って参りました。

大観音、凄かったです。
次回は、9月頃に特別拝観出来るとのこと。

【長谷寺】
URL : http://www.hasedera.or.jp/

| | コメント (2)

Turning Point

日蝕の日が弊社のターニングポイントになるかもしれない。

すべてが繋がってきている気がする。

あるいは、失敗だと思っていたことが、成功の元であったり…。

| | コメント (0)

Solar Eclipse

奈良県民たるもの、日蝕なら三輪山…ということで、登拝してきました。

なぜかこの日は、足取りが重く、しかも水分補給のための御神水も買い忘れ、脱水症状気味で山頂付近の高宮社にたどりついたのは、ちょうど10:30ごろ。高宮社の少し手前に秘密のスポットがあるのですが、いつもと違ってかなりビリビリ(汗)。

奥津盤座につくと、修験らしき人が般若心経をあげてらっしゃいました。島根出身の方らしく、こちらの狭井神社がたいそう好きだとのこと。実は私も最近は拝殿よりも狭井神社のほうが馴染んでおり、何よりこちらの御祈祷が個人的に一番好きだったりします(イメージでいうと質素かつ幽玄)。

その後しばらくひとりぼっちになり、奥津盤座の気を堪能。直に日蝕開始となりました。天体的なエネルギーを感じながら、色々やっていると、次第に人が集まりだして私を含め5名ほどがたむろしておりました。

日蝕のピーク時はあたりが薄暗くなり、気温も低下。これが日蝕なのかと感心しきりでした。個人的には、日蝕ピーク前、ピーク時、ピーク後でそれぞれ違うエネルギーを感じました。

【万葉集 - 三輪山(映像あり)】
URL:http://www.manyoshu.jp/contents/001-04-0712/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧